老前整理とは

終活をスムーズにするためにも、老前整理の重要性

最近、終活と言う言葉もテレビは雑誌で盛んに取り上げられるようになってきました。 終活とは、自分のお葬式、墓地の問題や相続問題などの最後の最後の最終段階での準備です。 しかし、その残された家族に対して負担にならないように始める終活も、その前段階に体力や気力の必要な力仕事が残っているとスムーズに進めるどころか、途方に暮れて終活どころでないことに気が付き、途方に暮れることになります。 そのような、前段階に始めなければならないのが老前整理です。老前整理では、押入れの中の整理や天袋などの高い所にも上らなければ整理の付けられない事もしなけれっばいけません。まずは、出してリストアップをし優先順位を3段階位にランク分けをし徐々に整理していくのです。その為、今後は老前整理の重要性がより注目されてくると考えられます。

リストアップと優先順位をハッキリ決める。

老前整理に当たって考えなければならないことは、今後とも生活は続けて行くのですから、処分して生活の快適性に問題を起こしては困ります。 まずは、自宅全体に手を出さずに、自分自身の部屋の整理から始めることです。押入れの中から物を全て出して、使うもの・使わないが残すもの・使わないので処分するもの、などにリストアップし分類することです。使わないが残すものに分類された物は、手前に置き捨てやすい状態にした上で、ある期間を決めリストアップされた品物を再度吟味して、処分するかどうか決めるべきでる。 次第に手順がつかめた段階で、整理のエリアを広げていき、やがて自宅全体を把握できるようにするべきです。 また、注意しなければいけないポイントとして、現在一緒に住んでいない家族が残していった物に関しては、気軽に整理せずその持ち主にリストアップしてもらい、承諾を得て整理することです。

Page Top