葬儀を行なう

葬儀費用の目安の金額

葬式を行う時に葬儀社に支払う費用を葬儀費用といいます。葬儀費用には基本的に病院からの搬送、安置、通夜式、葬儀、告別式、火葬、初七日法要までに行う儀式に必要な費用が含まれています。 費用の目安ですが、参列する人数により異なります。家族葬でいうなら10人なら20万円、20人なら40万円、30人なら60万円ほどです。100人以上が参列する一般葬は100万円以上の葬儀費用がかかります。オプションで斎場使用料、料理や飲料、会葬礼状、白木位牌、回転提灯などを選ぶこともできます。 最も安い葬儀に直葬があります。直葬は通夜も告別式もせず、遺体を荼毘にふすだけの簡単な儀式です。直葬は20万円位で行うことができます。

基本的な仏式のお葬式の特徴

葬式は仏式、神式、キリスト式など宗教によって分けられます。日本で一番多く行われているのが仏式の葬式です。仏式の葬式は通夜式、葬儀、告別式という流れで行われるのが基本です。通夜式は午後6時くらいから2時間くらいかけて行われます。ちなみに亡くなった日の夜に行うのを仮通夜と言います。 葬儀は正午近くになってから行われるメインの儀式です。本来ならば遺族や親族だけで行う厳粛な儀式ですが、最近は葬儀と告別式が一緒に行われるのが一般的であり、その流れから一般会葬者も葬儀に参列するのが普通になってきています。 告別式では出棺の儀や喪主あいさつがあり、遺体を霊柩車に乗せて火葬場まで運びます。火葬が終わればお骨上げをして儀式は終了します。

Page Top